Monthly Archive: 9月 2014

キャバクラでケチ客に思われない為の心得

バンビ

キャバクラは普通の居酒屋に比べてとても単価が高いので、ついついケチりたくなりますよね。気持ちはよくわかります。でも、キャバ嬢からしたら「金がないなら(ケチるくらいなら)遊びに来るな」と思ってしまうんですよね。なので今回はシャンパンなど高価なものを頼まなくても、ケチ客と思われない策を紹介します。

最初のドリンク1杯はケチらない

まず最初に、女の子が席についたらドリンクを頼んであげましょう。女の子から「1杯飲んでいいですか」と聞かせてしまった時点でケチ男決定です。フリーだと女の子が何人か入れ替わりますが、女の子が変わるたびにドリンクを頼ませてあげるのがキャバクラでの礼儀というものです。ケチって女の子に好かれるなんて、そんな虫のいい話はありません。私のまわりでケチなお客さんと付き合ったキャバ嬢はひとりも居ませんから。ドリンクといっても、一番安いドリンクでいいのです。だいたい1000円くらいでしょうか。いい女の子を見つける為の初期投資だと思って、そこはケチらないで頂きたいですね。ドリンクをケチらないお客さんは、人気の高いキャバ嬢をつけてもらえる可能性が高くなります。「お金を使ってくれるケチじゃない客」と思われるので。

「お金ないから」的なことは絶対言わない

お金が無いとしても、お金がないという雰囲気は絶対に漂わせないでください。お金ない客には人気キャバ嬢は絶対つけてもらえません。ほとんどの女の子は指名しない限り最初のドリンク1杯以外はあまりねだってこないはずなので(頼んでも自分の儲けにならないので)やはりここでも最初の1杯はケチらないで頂きたいということを念を押しておきますね。私の周りでは指名客でもないのに、高いフードやシャンパンなどを頼んでいる女の子はほとんど見たことありません。どうしても最初の1杯をケチりたいという場合は居酒屋で飲んだ方がマシだと思います。

どうしてもケチりたい場合は客引きのボーイに交渉してみよう

今は客引き自体が少なくなっていますが、どうしてもケチりたい場合は下で客引きにつかまってみましょう。金曜土曜はあまり意味がありません。平日の空いてそうな日を狙って客引きの前を歩いてみましょう。「お兄さん、キャバクラどう?」って絶対言ってきますから。そうしたら「しめしめ」です。ここで、セット時間の交渉をしてみてください。女の子ドリンクサービスという交渉をすると、女の子はケチだと思ってしまうのでセット時間の交渉がおすすめですよ。

キャバクラ嬢が貰って嫌だったプレゼント4つ

謎の柄

キャバクラ嬢にプレゼントをあげる機会って結構ありますよね。お店に通っている方だと納得して頂けると思います。キャバ嬢も結構色々なプレゼントを貰うことが日常茶飯事になっていますが、貰って嬉しいプレゼントもあれば、迷惑なプレゼントもあります。「迷惑なプレゼント」をあげてしまった場合、後でキャバ嬢の笑いものです。そうならない為にもしっかりキャバ嬢に好まれるプレゼントをお勉強してから購入しましょう。

嫌なプレゼント1・・・大きすぎる花束

バースデーイベント時だと雰囲気が豪華になって喜ばれることもありますが、実際は扱いに困ったりします。持って帰るのも大変だし、待機室に置いておいても幅をとるので邪魔です。貰ってすぐ飾れるスペースなどがあればいいですが、なかなかそうもいきません。キャバ嬢をびっくりさせたいが為に顔の大きさの何倍もあるような豪華花束を選ぶ人が多いですが、もし渡すのであれば迷惑にならないサイズを選びましょう。

嫌いなプレゼント2・・・手紙

手紙なんてもらっても、大事に保管しおくキャバ嬢なんて1割も居ないと思います。ひどいキャバ嬢だと「後で読むね」なんて言ってゴミ箱へポイの可能性だってあります。キャバ嬢の本当の性格なんて中々分かりませんもんね。可愛い顔して裏では鬼のような顔をしている可能性だってあります。そんなキャバ嬢の本質を見極めるのも、お客さんの楽しみのひとつでもあるんですけどね。話は戻りますが、手紙はやめておきましょう。

嫌いなプレゼント3・・・写真

たまにいるんですが、キャバ嬢と写真を撮りたがるお客さん。もう、キャバ嬢からしたら絶対いやなのですが断れなくて渋々カメラにピースになんてこともあるんです。そして現像した写真をウキウキで持ってくるお客さん。「カメラやさんに自分の知り合いが居たら最悪だな・・」と思いながら一応受け取りますが、正直、街でキャッチが配っているポケットティッシュの何倍もいらない存在です。自分の写真が燃やされてしまう前にキャバ嬢と写真を撮るのは控えましょう。写真名刺で我慢しましょうね。もちろん、写メ頂戴なんて絶対禁句です。

嫌いなプレゼント4・・・下着

どんなにハイセンスな下着でも下着を送る男の人ってなんだか気持ち悪いです。その下着を着た姿を見せてとでも遠回しに言っているのでしょうか。それであればドレスやアクセサリーをプレゼントする方がよっぽど使いようがあります。下着を送るのは彼女だけにしておきましょう。

キャバクラ嬢と連絡先を交換する方法

くまさん

お客さんなら誰しも、可愛いキャバ嬢とアドレス交換したいと思っているはずですよね。キャバ嬢といっても、どこの誰にでも連絡先を教えるわけではありません。ちゃんとキャバ嬢もお客さんを見定めてから連絡先を交換しています。でも実は、キャバ嬢と連絡先を交換するコツがいくつかあるのです。貴方もこの方法で、キャバ嬢のアドレスを沢山ゲットしてくださいね。

お金持ちのフリをする

お金持ちのフリをすると、キャバ嬢は食いついてくることが多いです。もちろん嘘がバレてはいけませんし、見栄っ張りな感じも良くありません。しっかりと演技してください。スマートな感じの振る舞いで、お金持ちを演じることが出来れば完璧だと思います。しかし、お金持ちの振る舞いをしたとしても、ドリンクひとつ頼ませてあげられないようだとケチな奴と思われるか、嘘だとバレて相手にされなくなってしまいます。キャバ嬢に相手にされないと、適当な接客しかされないので、お店も楽しくないですよ。要するにあまりお金に余裕がない時はキャバクラに来るのはやめた方がいいと思います。なんだかんだ言ってもお金がある程度ないとキャバ嬢を落とすのは難しいですからね。

「今度またお店に行くから番号教えて」という

女の子からすると、お店にリピートしてもらう為に連絡先を交換するので「お店に来る」と言ってくれている人に連絡先を教えないということはほとんどありません。それでも交換してくれない時はよっぽど生理的に受け付けないとかでしょうか。でも実際は「お店に来る」と言っている人程、リピートしないんですけどね。キャバ嬢をがっかりさせない為にも気に入った子がいた場合は一度くらいリピートしてあげてはいかがでしょうか。きっとお気に入りの嬢はとても喜んでくれると思いますよ。そんな姿を見て、嫌な気持ちになるお客さんは居ないでしょうしね。

新人を狙う

新人はお客さんが少ない人が多いので、手あたり次第に連絡先を交換する傾向にあります。他の店で何年も働いていて持ち客がいる人は別ですが・・・。キャバクラをはじめたばかりの新人ってなんとなく分かりやすいです。お客さん慣れしていない感じはしますが、キャバクラに染まっている嬢よりも純粋な感じがするので、好まれることも多いです。あまりお客さんを持っていないので、結構必死に働いていたりします。なので連絡先は交換してもらえる可能性はとても高いです。新人らしき子を見つけたら、アドレス交換に挑戦してみてください。

本日は制服着用イベント

コーチ

本日は制服着用イベント。他にもいろんなイベントがキャバクラにはある。お客さんを飽きさせない為・・・というかお客さんを誘いやすくさせる口実を作る為にキャバクラはイベントデイを作るのですが。実際キャストの女の子は結構楽しんでいます。いつもドレスじゃ飽きてしまいますしね。基本キャバ嬢は自分大好きな人が多いので、コスプレをして自分撮りの写メを楽しんだりしています。

制服デイは結構人気のイベント(キャスト側)

制服イベントは結構女の子から人気なイベントの1つです。高校を卒業した後、制服を着る機会なんてありませんからね。みんなそれぞれドン・キホーテやネットなどで制服を調達してこの日に臨みます。今日も入りから大盛況です。というのも、イベントの日は同伴がとても多くなります。これも口実が作りやすいからでしょうね。入りからお客さんが沢山入っていると、なんだかお店が盛り上がっている感じになります。同伴はお店の人からも凄く喜ばれるのです。ちなみに、私は制服イベントも好きですが一番好きなのはハロウィンですかね。みんな個性あふれるコスチュームなので、女の子としてはとても楽しいです。

お客さんから人気の高いイベント

コスプレ系のイベントは意外と好き嫌いが分かれますよね。スチュワーデスやナースなんかもお客さんからは結構人気が高いです。正統派な感じが男ウケするんですかね。逆に浴衣などの露出が低めのコスプレイベントは人気が低いように感じます。でもこれは個人の好みによってくるものなので、一概に言えませんけどね。ちなみにバースデーイベントやお店の何周年イベントなどもありますが、結構高いノルマがキャバ嬢には課せられるのでお気に入りのキャバ嬢が居る場合は協力してあげてください。イベントごとに協力してくれるお客さんはキャバ嬢に好かれやすいです。

私の本日の同伴プラン

ちなみにこの「制服イベント」の時は私も同伴しました。もちろんお店に行くまでは制服なんて着ていきません。普通の格好で同伴です。イベント時、私はほとんど同伴しますが、お客さんと一緒にコスチュームを選びにいったりします。「~さんの好みの衣装が着たいな」とか言ってみると、お客さんも凄く喜びますよ。軽くご飯を食べ、お酒を飲んだ後、衣装を選びに行きます。場所は庶民的ですがドン・キホーテ。色々ありますし、お客さんのお財布にも優しいですからね。お店で沢山使って欲しいので、同伴の時にはあまりお金を使わせないのが私流です。

キャバ嬢と同伴の際やってはいけないこと

綺麗な柄

キャバ嬢と店外で会えるとなると少し前進したような気がしますよね。だからといってキャバ嬢が貴方のことを好きになったとは限りません。というかそれは皆無に近いです。でも、一歩前進したのは間違いないですからくれぐれもNGな行動をしないように気を付けましょう。それでは「キャバ嬢と同伴の際やってはいけないこと」をご紹介していきます。

自分の車で迎えに来るのはNG

結構居るんです。車で行動しようかと言ってくる人。これを言ってしまった時点でキャバ嬢からの評価はガタ落ちと思ってください。可愛いキャバ嬢やお気に入りのキャバ嬢を自分の車の助手席に乗せて運転したい気持ちは分かりますが、それはキャバ嬢からお願いされるまで絶対に禁句にしておきましょう。でも自分が車を持っているのはさりげなく伝えてもいいかもしれませんよ。いつかキャバ嬢の方から誘ってくるかもしれませんから。

仕事という理由でも時間に遅れるのはNG

普通の友達でも彼氏でも時間にルーズな人は嫌われます。仕事においても時間にルーズな人って仕事が出来ないイメージですよね。特にキャバ嬢は同伴の為に早めに用意をしてその人の為に早めに家を出ているのです。もしかしたら、他にも同伴のお誘いがあったかもしれません。それでもあなたを選んでいるわけですから、時間は必ず守りましょう。無理そうならはじめから約束しないことです。ドタキャンなんてしてしまった日にはもう二度と同伴出来ないと思った方が良いかもしれません。もちろん、アフターなんてもっての外ですよ。

中々店に行こうとしないのもNG

これも同伴慣れしていないお客さんでよくいます。いつまでもお店に行こうとしない人。キャバ嬢の本音としては1分でも早くお店に行きたいのです。その気持ちも察することが出来ずに自分勝手にキャバ嬢を足止めさせようとすると、キャバ嬢からの信頼を失います。「メンドクサイお客さん」というレッテルを張られてしまい、二度と同伴出来なくなるケースだってあります。最初は面倒かもしれませんが、キャバ嬢のペースに合わせてあげましょう。回数を重ねるごとに自分自身の意見も言えるようになりますから。

同伴でお酒を沢山強要するのはNG

お店でもそうですが、お酒を強要するのはNGです。もちろんお客さんとしては「お店で飲むよりも二人の時に沢山飲んでほしい」という気持ちになるのだと思います。気持ちは分かりますが、キャバ嬢もお店で飲むのが仕事なのです。売り上げが低ければお店に居にくくなることだってあるのです。キャバ嬢の気持ちも察してあげましょう。

キャバクラ嬢に喜ばれる小さいテクニック

88

人気キャバ嬢を落とすのは難しいと思っていませんか。確かに容易なことではありませんが、実際に付き合うことが出来た人も数多く居るはずです。人とは違うことをして、キャバ嬢をキュンとさせてしまいましょう。テクニックをいくつか紹介したいと思います。

お店に行くときは土産を持って行ってあげよう

土産と言っても高いものでなくて全然いいのです。例えば、ちょっと有名店のお菓子。他には、キャバ嬢の好みが分かれば香水やいい匂いのクリームなどでもいいと思います。少しの気遣いがキャバ嬢の心を動かすのです。間違ってもお揃いのものとかはNGですよ。

すべてにおいて「さくっと」が基本

何においてもしつこい男は嫌われますよね。それでは具体的にどんな感じに「さくっと」すればいいのか。まず同伴やアフターに使う時間を「さくっと」しましょう。同伴・アフターになると店外で会えたことに喜びすぎて我を忘れてしまうお客さんが数多く居ます。これは非常にみっともないです。「もう時間でしょ。お店に行こうか」くらいの一言、自分から言ってほしいですよね。それでこそ男です。

人気キャバ嬢は忙しい!オアシス的な存在になってあげよう

人気キャバ嬢程無理をしてしまう傾向にあります。お酒に大分酔っていたらアルコールの入っていない飲物をさりげなく頼んであげたり、体調に気を使ってあげましょう。きっとキャバ嬢はこの行動にキュンとくるはずです。キャバ嬢がほかの卓へ行く際は「頑張ってね」と優しく見送ってあげてください。

あまり忙しそうな日は1セットで帰るのもアリ

大体のお店が1セット1時間前後だと思いますが、時間が近づいてくるとボーイさんが近寄ってきて「延長されますか」という話を持ち掛けてきます。もちろんほとんどのキャバ嬢は「いていて」という感じなのですが、お店があまりにも混んでいる時は帰るのもありです。キャバ嬢も忙しく(指名のかぶっている場合)色々な卓を回っていると思います。その時スマートに帰ることで、いい意味でキャバ嬢に罪悪感が湧くのです。「申し訳なかったな」と。そして、次は空いている時に行ってキャバ嬢が「この前はごめんね」とでも言ってきたら「気にしなくていいよ」と一言いってあげましょう。きっとキャバ嬢もあなたへの印象が数ランクアップしているはずです。

キャバ嬢も人間なので、彼氏は欲しいはずですし結婚願望もあります。お客さんと結婚するキャバ嬢はとても多いので、皆さんあきらめずに頑張ってみてくださいね。

実はお客さんと付き合うキャバ嬢はとても多い

本搾り

タイトルの通りですが、この事実知ってましたか。なんでかって、身近な出会いの場がお店だからです。キャバ嬢+学生、キャバ嬢+社会人の場合はお客さんが付き合える可能性は本業がキャバ嬢よりも少ないと思ってください。学生や社会人の場合はキャバクラ以外にも出会いの場は沢山あるからです。

本業キャバ嬢はほとんどの人がお客さんと付き合った経験有

これ、本当なんです。実際にキャバクラでアンケートを取ったとしても(こんなアンケート実際はとりませんが・・)お客さんと付き合っている女の子は半分くらい居るはずです。私の周りには実際に結婚した子も沢山います。男と女ですからお客さんであろうがなんだろうが、惹かれる時は惹かれてしまうんですよね。

お金持ちと付き合っているキャバ嬢ばかりでない

実際お客さんと付き合っている女の子はお金持ちとばかり付き合っているわけではありません。キャバ嬢はお金持ちしか付き合えない印象がありますが、全然そんなことはないのです。なにが必要か。それは「面白さ・優しさ」など。後はフィーリングです。気を付けてください。お客さんは勝手にフィーリングが合うと思っている人がいますが、キャバ嬢の気持ちも尊重してくださいね。自分一方的な気持ちだけで突き進まないように気を付けましょう。

ホストに貢ぐタイプの女はもう諦めた方がいい

大体どこのキャバクラでもホストに貢いでいるキャバ嬢が居るんです。しかし、キャバ嬢に直接聞いても教えてくれるはずがありません。これはもう、他の嬢とも仲良くなって情報収集するしかありません。なんとなく「このキャバ嬢はホスト通いしているかもな」と分かった時点で手を引いた方が無難です。ホストに貢ぐ代金を自分が払っていることになりますからね。ホストって1回はまると中々抜け出せません。あのノリが苦手なキャバ嬢も居ますが、しっくりきてしまうキャバ嬢も居ます。あなたのお気に入りキャバ嬢もホストに貢いでいるかも・・・。これはどのキャバ嬢でも有り得る話なので自分自身で見極めましょうね。

ダラダラお店に通うよりも集中して通うタイプの方が落としやすい

ダラダラと何年もお店に通い続けるよりは何か月か集中してお店に通い、仲を深めた方が付き合える可能性は高くなります。例えば普通に付き合う人達の場合でも、フィーリングが合致してわりとすぐ交際に発展する人が多いと思います。なので、本気で付き合いたいと思っている場合は短期集中型で頑張ってみてはいかがでしょうか。

ヘルプで付く女の子にも優しするお客さんはキャバ嬢に好かれる

水玉

人気キャバ嬢を指名した場合、指名がかぶることも多いかと思います。指名キャバ嬢は他の卓へ行っている間、ヘルプのキャバ嬢が自分の卓へついてくれたりします。

指名キャバ嬢が行ってしまうことに腹を立てるお客さんも多い

お金をかけて指名をしているのに10分くらいしかついていない。人気キャバ嬢であればあるほど、指名が被ることは多いです。むしろかぶらなければラッキーだと思った方がいいくらい。自分の卓にあまりつかないことに腹を立て顔はぷんぷんモード。こんなお客さん、結構いますよね。でも指名の多い人気のキャバ嬢を好きになったということで、ここはグッと我慢しましょう。そして顔に出すのは絶対にやめましょう。顔で笑って心で泣いてですよ。顔に出されるとキャバ嬢は心の中で「器の小さい人だな」なんて思っていたりします。

ヘルプの子にドリンクを注文させてあげよう

これがとても大事なことなのです。指名が被ったキャバ嬢は少なからずヘルプに入ってくれている女の子が気がかりです。その女の子が自分の指名客に邪見に扱われてしまったら後で合わせる顔がありません。そのキャバ嬢が女の子とうまくいかなくなってしまうこともあるのです。そんなことになると、女の子もお店に出勤しにくくなったり気持ちが落ち込んだりしてしまいます。自分の大好きなキャバ嬢がそんなことになるのは嫌ですよね。「ヘルプの子にこそ好待遇で」これは鉄則ですよ。指名キャバ嬢は絶対見ていますから。頼んだお金は無駄にはなりません。

ヘルプの子にも仲のいいキャバ嬢が出来るとお店がさらに楽しくなる

先ほども話したように、人気キャバ嬢であればあるほどヘルプの子が付く時間が長くなります。そんな時間をムスッと過ごしていても楽しくありませんよね。ヘルプの子が付いている時間も楽しむためには、ヘルプの子とも仲良くなることが一番手っ取り早いです。お店の女の子と仲良くなると、そのお店自体に歓迎されるようになります。時々、サプライズでサービスをしてることもあるかもしれませんよ。しかも仲良くなったヘルプの子から「逆指名」されたりすることだってあります。自分が人気者のお客さんになれるって、嬉しくないですか。

ヘルプで付く子も、誰かの指名客ということで最初はあまり気が進まないことが多いんです。それは、ムスッとされたり嫌な雰囲気になったりすることが多いから。お客さんの方からヘルプの時間も楽しもうとしてくれるとキャバ嬢全体からの評判もとてもよくなりますよ。結果、指名キャバ嬢からも好かれる可能性がグンと高くなります。

好きなキャバクラ嬢が出来たら、そのお店のボーイさんと仲良くなろう

口紅

お気に入りのキャバクラ嬢が出来たらそのお店のボーイさんと仲良くなった方が絶対に得です。ボーイさんと仲良くなることでお店で優遇される確率が格段に高くなります。具体的にはどのように優遇されるのか。私のお店を参考にご紹介していきますね。

指名キャバ嬢の席にいる時間を長く設定してくれる

私のお店ではVIPなお客さん(頻繁に来てくれて、お金もそれなりに使ってくれるお客さん)には指名キャバ嬢が付く時間がほかの指名客に比べて長い傾向にありました。もし、自分は結構な回数来ていてお金も使っているのに優遇されないと思っている場合は、ボーイに一言言ってみていいと思います。お店側からすれば、来なくなって困るお客さんに関して待遇を悪くするわけがありませんから。

注文品+α

他人からばれにくく一番やりやすいサービスがこれです。キャバ嬢はフライ盛り合わせを頼んだら。サービスでフルーツ盛り合わせ(ミニサイズ)を付けてくれるなど、フードメニューを頼んだ場合にこっそりサービスしてくれたりします。また、私のお店ではお酒などのサービスもありました。例えば、お客さんの誕生日にはカフェパリをサービスしたり、フルーツ盛りをサービスしたり、結構サプライズ的なサービスも多いのです。もちろんキャバ嬢からそれなりに好かれていないとこのようなサービスはあまりないと思っていいでしょう。

時間を少しサービスしてくれる

ほんと少しだけですが〈5分10分程度)時間に関してもVIPのお客さんには甘い傾向にあります。普通のお客さんに関しては、なかなか帰らない場合、ボーイが一言「お時間です」と言ってくれます。しかし、よく来て頂いているお客さんには時間に関しても強く言わない傾向にあります。だからといってあまり長居をするとキャバ嬢から嫌われてしまう傾向にあるので気を付けましょうね。

なによりキャバクラ嬢からも好かれる可能性が高い

ボーイに好かれるということは、キャバクラ嬢からも好かれている可能性が高いです。キャバクラ嬢にとってボーイは一番の相談相手なのです。こう言ってしまうと「風紀が多い」イメージにつながってしまうかもしれませんが、実際多いのも事実です。つまりキャバクラ嬢から嫌われているお客さんは基本的に優遇はされません。どんなにお金を使ってもです。キャバクラ嬢あってのキャバクラなので、キャバ嬢ご機嫌を損ねるようなことなしないように、ボーイも日々気を使っているのです。

人気キャバクラ嬢を落とすためのメールテクニック

電話

皆さんはキャバクラ嬢への連絡はメールですか、それとも電話ですか。もしメールであれば是非実行してほしいテクニックがいくつかあるのでご紹介させていただきます。

極力メールはしないようにしよう

私が伝えたい一番のメールテクニックは極力メールはしないことです。お目当てのキャバクラ嬢が出来たとしても、無駄にメールするのは本当によくありません。キャバ嬢はメールの多いお客さんほどウンザリする傾向にあります。

キャバクラ嬢は一日に何通もメールが来る

人気キャバクラ嬢程、一日に何通もメールが来ます。正直、キャバクラ嬢にとって最初は皆「ただのお客さん」です。それなのに彼氏面して一日に何通もメールを送ってくるほど、迷惑なことはありません。メールをしたい気持ちはわかりますが、そこはぐっと抑えてお店にたくさん通ってあげましょう。

写メールは求めてはいけない

よく居るパターンなのですが、キャバ嬢の顔写メを求めてくるお客さんがたくさん居ます。対してお店にも通わずにキャバ嬢のプライベート写メを得ようなんてそんないい話は無いと思ってください。最初は皆顔写真付の名刺でガマンしているんです。

キャバ嬢の営業メールはすぐ返してはいけない

キャバクラ嬢の方からメールが送られてくることがあると思います。すぐ食いついて返す前に何時間か時間をおいてみましょう。一番良いのは「ちゃんとお店には来てくれるけど、しっかり自分自身は持っている人」というイメージが理想だと思います。あまりすぐ食いついて返してしまうと、キャバクラ嬢にとっては「都合よく使えるお客さん」というイメージが定着してしまいます。

旅行先の写メなどは間違って送らないように(いくら綺麗な風景などでも)

正直、キャバクラ嬢にとってお客さんがどこに旅行行こうが最初は全く興味がありません。とても仲良くなってキャバ嬢の方から「旅行先で写メ送ってね」と言われらなら別ですが、旅行先でどんなに感動した景色に出会っても、キャバ嬢にその景色を共有を求めるのはやめましょう。

でも、諦めてはいけないですよ

メールは極力しないといっても、しっかりお店には会いに行ってあげましょう。もちろん突然行くのではなく、いく時はしっかり連絡を取ってから。連絡なしで行くのは、あまり好ましくありません。もしかしたら指名がたくさん被っている日かもしれませんし、休みの可能性もあります。なので、いく日を決めたら早めに連絡してあげましょう。