キャバ嬢とメールをする際にやってはいけないこと5つ

香水皆さんはキャバ嬢とどのくらいの頻度でメールをしますか。今回はキャバ嬢とメールをする際に絶対やってはいけないことをご紹介します。

絵文字は使わない

絵文字の多い男性のメールは引いてしまう女子が多いです。これはお客さんも一般の人も問わずな話になってしまいますが、ハートの多様などはやめましょう。今現在、多様してしまっている人は急に絵文字が無くなっても不自然なので、徐々に減らしていくように心がけましょう。しかし、全く使わないのも味気ないメールになってしまいます。絵文字の使用は、1つのメールで1個~3個くらいが好ましいと思います。ちなみに、1個~3個くらいの絵文字の使用だったとしてもハートを使うのは付き合ってからにしましょうね。

日記メールは絶対にしない

毎日日記のようなメールを送ってくるお客さんがとても多いです。今日は何をした、お昼に何を食べた・・・正直キャバ嬢からしたら、そんなこと興味ありません。どうでもいい内容のメールです。付き合っている彼氏だったとしても毎日長々と日記メールを送られてきたらうんざりしませんか。「メールは簡素に」が鉄則です。シンプルなメールがいちばんキャバ嬢に好まれます。

しつこく何度も送るのもNG

キャバ嬢は一日何十人と連絡をとっている人が多いです。そんな中で返信もしてないのに一方的に何回もしつこくメールを送られてきたらどう思うでしょう。拒否したくなりませんか。もしキャバ嬢から連絡がすぐに返ってこなかったとしても何回もしつこくメールを送るのはやめましょう。もし3日たっても返ってこなければ「大丈夫?体調崩してない?」くらい送ってもいいかもしれません。返信することを忘れてしまっている場合もありますからね。

写メの要求はしない

たまに居るのが「写メ送って」と言ってくるお客さんです。待ち受けにしたいと言ってくるお客さんも多いのですが、キャバ嬢からしたら自分の顔を待ち受けにされるのはいい気分はしません。それが大好きな彼氏なら話は別ですが・・・。キャバ嬢の顔を見たいと思うならば、お店に行ってあげましょう。仲良くなれば、自然と一緒に写真を撮ってもらえるかもしれません。

写メも送らない

もちろん自分自身の写メも送らないでください。たまに、「今日はどこへ行った」などと写メ付で風景などを送ってくる人も居ますが、あまりキャバ嬢は見ていないのでやめた方がいいかもしれません。

いかがでしたか。皆さんの中で、もし「やってはいけない5つのこと」をやってしまっている人がいたならば、すぐに止めてみてください。キャバ嬢との関係も変わるかもしれませんよ。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>