ハズレのお客さんに当たってしまった残念な日

お酒

この日は指名のお客さんもまばらだったので、フリー卓まわりをすることになりました。なんだかフリー卓まわりって人気ないキャバ嬢みたいで恥ずかしいけど「この際、頑張って新規のお客さんを掴もう」と思っていたのですが・・

お金もないのに俺様系

「最初からお金を使わない主義」というものの、ドリンク1杯も頼ませないケチケチぶり。お酒も頼ませてもらえないのにテンションが上がるはずもなく、すぐ違う人に回してもらいました。たとえ最初の来店だとしてもグラス1杯のビールくらいは頼ませて欲しいのがキャバ嬢の心の内なのです。

気持ち悪いセクハラ系

お金はそこそこあるけど、日々の仕事で相当なストレスがたまっているのがこのタイプ。仕事のうさをキャバクラでセクハラして晴らしちゃおう系のお客さん。しかも酔っぱらってしまうと自分が見えなくなるので、気を付ける必要あり。隙をみつけては触ってくる。慣れないキャバ嬢だと鳥肌ものなので気を付けよう。私はすぐにトイレと言って席を立ち、卓を変えてもらいました。

話さない系

結構キツイのがこのタイプ。お店にもよりますが、私のお店はフリーのお客さんには大体20分弱くらいフリーのキャバ嬢がついていました。なので、しゃべるのが嫌いなお客さん相手に20分つかないといけないのはキツイです。でも、このしゃべらないお客さんの心を、どのように開かせていくかもキャバ嬢の腕の見せ所。もしかしたら、凄くお金を落としてくれるお客さんかもしれないので邪見には扱わないようにしなきゃいけません。本当に自分がタイプじゃないから話したくないのか、それとも話すのがすごく苦手なのか、見極めが大切です。この日私はメールアドレスを交換してから次のキャバ嬢にチェンジしましたが、これからメールしてみてお客さんの本質を見極めなければなりませんね。

飲め飲め系

お酒の弱い人に辛いのがこのタイプ。とりあえず席につけば一気、トイレに行けば一気となにかにつけてお酒を飲まそうとします。お酒がとても強い人にとってがお金も落としてくれる良いお客さんになり得ますが、そうでない人にとっては覚悟が必要なお客さんです。私は比較的お酒に強いのでこのお客さんは今日一番の今後につながりそうなお客さんとなりました。場内指名も貰えたので期待できます。今後のアフターフォローはしっかりとしていかなければと思いました。とりあえず、この手のお客さんが来ると分かっている場合はウコン必須ですね。

色々なお客さんがいますが、あまり良いお客さんに当たらない日もあれば良いお客さんばかりの日もあります。誰にでも幅広く対応できるように、接客の腕を磨くのもキャバ嬢の仕事ですね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>