キャバクラ嬢がアフターに行きたくなる男性のタイプ3つ

アライグマの人形

キャバ嬢とアフターに行くことが出来れば、もう少しで落とせそうな感じがしますよね。キャバクラ嬢も仲の良くない(好きではない)お客さんとアフターに行くことはほとんど無いです。アフターに行くことが出来れば、キャバクラ嬢と自分自身の関係が一歩進んだと思ってよいかと思います。そこで今回は「こんな男性とならアフターに行ってもいい」と思われる男性を、ご紹介していこうと思います。

少し控え目な男性(お金はある程度あるのが前提)

あまり積極的すぎる男性だとキャバ嬢は身の危険を感じてしまいます。身の危険がおよびそうな男性とはキャバ嬢は絶対にアフターしようと思いません。ましてやキャバ嬢は接客業の極み。色々な男性を毎日見ているので、危険そうな男性はなんとなくわかってしまうのです。逆に少し控え目な男性で、さらにお金を持っていれば何度か通えば必ずアフターに行ってもらえるでしょう。行ってしまえばこっちのものなので、店では見せない積極的な姿を存分に見せてキャバ嬢にアピールしてくださいね(もちろん無理やりはダメです)。

友達同士で来る男性

1対1でアフターに行くのはとても緊張しますが、友達もついていれば安心です。友達とお店に来たときはアフターのチャンスだと思ってください。もちろん友達と一緒が前提になってしまいますが、お店以外のキャバ嬢を見れる良い機会です。それがキッカケで仲良くなれば、1対1でもアフターが可能になるかもしれません。くれぐれんも無理やり友達を帰らせたりしないように気をつけてくださいね。

何時までには帰すと公言してくれる男性

もちろんもう終電はないので「何時までには帰してあげるし、もちろんタクシー代も出す」と公言してくれると行ってもいいかなと思えるようになります。もちろんあらかじめタクシー代も出すことを公言してあげましょう。キャバ嬢からすればはじめてのアフターは「行ってあげる」感覚なのです。それなのに、自分自身でタクシー代を出費しなければならないアフターなんて行きたくないのがキャバ嬢の心境です。少しわがままに感じるかもしれませんが、キャバ嬢の心のうちを察してこそキャバ嬢を落とせる可能性が高くなります。

アフター基準は都心のキャバクラに行くほど厳しくなる傾向にあります。毎日何人もの接客をするキャバ嬢の目にとまるような男性になれるように、しっかりとお気に入りキャバ嬢の性格を見極めてからアフターに誘うようにした方が良いかもしれませんね。

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>